CRSTA | 交通事故ゼロを目指して

CRSTA(クルスタ)は交通事故ゼロを目指して交通安全活動に取り組みます。

任意保険の免責事由〜意外な免責事由

Posted on | 8月 29, 2015 | No Comments

任意保険に加入している人で、自分は保険に入ってるのでいつ事故に遭っても安心だと思ってる人がいるかもしれません。確かに、任意保険に加入していれば、万が一の事態に備えられるのでその意味では安心することができます。

しかし、ある一つの法律を知らなければ後で後悔することもあるので、その点だけは抑えておいてください。その法律とは、被保険者が交通事故を起こしても、その事故が免責事由に該当する場合は、保険会社は保険金を支払わなくもよいというものです。

つまり簡単にいえば、事故に遭っても安心じゃない、事故の内容によっては任意保険が使えないことがある、ということです。こうした交通事故を起こした際に任意保険が使用できない例外が存在することを、保険加入者は知らなければなりません。

では、話のポイントである任意保険の免責事由とはなんでしょうか。それは、誰もが聞いて納得の免責事由から、意外な免責事由までいろいろあります。

例えば、被保険者が事故で受けた損害が、被保険者自身の故意による事故だった場合。この場合は、事故原因が本人の故意によるものなので、保険金は支払われません。

また、飲酒、酒気帯び、無免許、薬物服用中の運転で事故を起こした場合、地震や津波、戦争、暴動などによる損害、核燃料物質等を原因とする事故の場合にも、やはり保険金は支払われません。

さらに意外な免責事由としては、保険に加入しているものの、支払いに遅延が生じている場合、または有効期限切れになっている場合です。

このようにうっかり支払いを忘れていた場合でも免責事由に該当してしまうので、保険金が支払われないことを覚えておきましょう。
こうした免責事由があることを考えると、事故は全て任意保険でカバーできると考えるべきではありません。

むしろ、事故の内容によっては一銭も保険金を受け取れない場合もあることを考えて、自らの運転の仕方をいつも注意しておかなけれ

ばなりません。
なお、免責事由は保険の種類ごとに違いがあるので、契約している保険会社の契約書や約款をよく確認しておくようにしてください。

Comments

Leave a Reply