CRSTA | 交通事故ゼロを目指して

CRSTA(クルスタ)は交通事故ゼロを目指して交通安全活動に取り組みます。

交通事故死亡者数

平成24年中の交通事故死者数は4,411人で、平成13年から12年連続して減少しました。これは、終戦から6年後の昭和26年(4429人)を下回る水準となっています。交通事故の死者数は高度成長期の昭和45年には16,765人にのぼりましたが、昨年はピーク時のおよそ1/4まで減少しました。

一方で交通事故発生件数は66万4907件と、ピークだった平成16年(95万2191件)の約7割にとどまっています。負傷者数も82万4539人と、同じく最多だった平成16年(118万3120人)のおよそ7割でした。

年代別では65歳以上の高齢者の死者数が微増となっており、全体の50%あまりを占めています。今後、高齢化社会を迎えるにあたっての課題になると考えています。昭和期までは事故件数、死者数、負傷者数がほぼ比例していたのに対し、平成に入ってから死者数だけが大幅に減少した理由は、エアバッグやABSなど車の安全装備が急速に普及したことが挙げられます。

より安全で安心な車社会を実現するため、メーカーは、衝突を回避する機能など、事故そのものを起こさない方向に車の安全装備を進化させ続けています。そういった車が普及することで、このような調査による事故件数そのものの減少にもつながるでしょう。

とはいえ、滋賀県では昨年の自動車乗車中の死者34人中、14人がシートベルトを着用していませんでした。せっかくの安全装備も利用されなければ意味がありません。ドライバー1人1人が車の安全な運行に対して意識を強く持つことも大切ですので、ドライバーの皆さんはその意識を忘れないようにして、常に安全運転を心がけて下さい。